自分に適した美白化粧品を選ぶために

肌に発生するトラブルにはシミやたるみ、くすみなどたくさんありますよね。これらを解消していくには、まず自分の肌トラブルや原因をしっかりと把握する必要があります。そうすることで、美白へと一歩近づけるでしょう。

肌トラブルと効果的な美白成分

肌のお悩みNo.1のシミ

多くの女性が悩みを抱えているであろうシミについて、肌の奥にあるメラニン色素が関係しています。このシミが出来る原因は色々ありますが、主に紫外線のダメージが挙げられます。シミを対策・予防するためにはビタミンC誘導体と呼ばれる美白成分が効果的になります。メラニン色素の生成を抑制したり、沈着するメラニン色素を還元する作用を持っているため、シミ対策に期待できるでしょう。シミでお困りの人は、ビタミンC誘導体が豊富に含まれている化粧品を選ぶことです。

肌のくすみ

肌のくすみというと、肌の色合いが悪い状態や不健康な肌の色を想像してしまって、あまり良い印象はありませんよね。実はくすんでしまった肌には、色々なトラブルが発生しているのが多いです。主に「肌のざらつき」「むくみ」「透明感のなさ」などのトラブルが起きており、肌の奥深くにあるメラニン色素の沈着や、肌に弾力や透明感を持たせるコラーゲンが減少すると、肌がくすんでしまうでしょう。このようなトラブルを一気に解決することが出来るのは、ビタミンCです。そのため、この美白成分が豊富に含まれている化粧品でケアを行なうと、肌の内側からくすみが改善されて、透明感のある肌になれるでしょう。

意外と多いくま

くまには実は種類があり、それぞれ発生する原因などが異なります。青い色のくまはストレスや目の疲れによって血液の循環が悪くなり、目の周辺の毛細血管が血行不良になることが原因で発生します。また、この青色のくまが悪化すると、黒色のくまになってしまうので注意が必要です。改善方法としては、熱くない程度の蒸しタオルを目に乗せて血流を良くするといいでしょう。また、血行促進作用や抗酸化作用、保湿作用に優れている成分を含んでいる美白化粧品を日々のケアに加えると、徐々にくまが目立たなくなります。

年齢とともに発生する敏感肌

色々ある肌質の中でも、深刻なのが敏感肌になります。敏感肌の人は、通常の肌状態と比較しても非常にダメージや刺激が与えられやすい状態になっているので、美白などを目指すハードルが高くなってしまいがちです。また、肌が敏感になってしまうと、外部からの刺激を受けた際に、肌はメラニンをたくさん作ってしまうので、これが色々な肌トラブルを招いてしまいます。ですが、敏感肌でも美白や美肌を目指すことが出来るので安心してください。美白化粧品は「十分に保湿ケアが行える」「天然由来の成分」「メラニンの過剰生成を抑える」の3点にチェックして選ぶようにしましょう。

美白を目指す!スキンケアについて気になることをQ&Aで紹介

そもそも美白化粧品にはどんな効果があるんですか?

美白化粧品には、主にシミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれたり、日焼けによるシミやそばかすを予防する効果を持っています。自分に適した美白化粧品を選ぶことでより効果が期待出来ますよ。

美白化粧品は全部同じメーカー品を使用した方が良いのですか?

美白作用を持っている化粧品は多くありますが、全部同じメーカーの商品を揃える必要はありませんよ。保湿に特化した化粧水と美白に特化した美容液の併用でも十分に効果があるので、安心しましょう。

化粧水は二種類必要になりますか?

「保湿と美白の両方をしっかりとケアしたい」と思う場合でも、化粧水を2種類以上使用する必要はないです。そういった場合は、化粧水や美容液のアイテムごとに役割を分担することがおすすめになります。

基本的に美白化粧品はどのくらい使い続けたら良いですか?

美白化粧品は、短期間では効果を発揮することが出来ないものが多いです。そのため、せめて3か月は使用するようにしましょう。半年以上使用しても肌に変化がないものは、別のものを使用しても良いです。

日焼けしても美白化粧品を使用しても大丈夫?

日焼けをしてしまって、慌てて美白化粧品を使用することは少し危険になります。日焼けした直後は肌をクールダウンして、軽いやけど状態を抑えることを優先しましょう。そのあとに、美白化粧品を使用するようにしてください。

美白化粧品の効果が発揮する!正しいスキンケア方法の流れ

クレンジングと洗顔

美白のためには、このクレンジングと洗顔の段階でも重要になります。ぬるま湯で優しく行なうようにしましょう。ただし、シャワーを直接顔にかけてしまう行為は肌に刺激を与えるので、NGとなります。

美白化粧水

クレンジングと洗顔が終了したら、すぐに美白化粧水を付けることを意識しましょう。時間が経ってしまうと、肌が乾燥して良くないです。なお、コットンは使用しないで手で馴染ませることが大切です。

美白美容液やゲル

こちらの化粧品も、上の化粧水と同様に手を使用して付けます。基本的にべたつき感が感じなくなるまで、きちんと馴染ませるようにしましょう。この際、丁寧に行なうことを心がけることが大事になります。

美白クリーム

最後に美白クリームを使用しましょう。ここでは、顔全体につけたあとに肌が手に吸い付くようになるまで馴染ませていくことがポイントになります。ちゃんと保湿を行なうことを意識してくださいね。

スキンケア完了

このクレンジングと洗顔~美白クリームまでが正しいスキンケアの流れになります。スキンケアが終了したら、肌に刺激を与えないように気を付けましょう。美白のためには肌の刺激になることは厳禁になります。

広告募集中